笑いあり涙ありの純愛物語

歌姫は、戦争で記憶を失った男・四万十太郎(長瀬智也さん)と、彼を心から愛する女・岸田鈴(相武紗季さん)の純愛物語です。ドラマ・歌姫の舞台は、戦争の傷跡がまだ残る昭和30年代の土佐清水。日本経済が高度経済成長の波に乗って上昇ムードの時代、自分にストレートで暖かい人々がたくさんいた時代です。

歌姫の主人公・四万十太郎は、戦争でそれまでの記憶を失なっています。その性格は、たんぱらで喧嘩っ早いお調子者。しかし、岸田鈴はそんな四万十太郎をひたむきに愛します。そして、そんな二人の恋が成就するかに思ったそのとき、「四万十太郎の妻」と名告る女性が現れるのです。

歌姫は、戦争によって運命を狂わせられた悲しく切ないラブストーリーですが、笑いもたっぷりの喜怒哀楽てんこ盛りドラマでもあります。

「笑いあり涙ありの純愛物語」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。